Sweets aila  つくって楽しむ 旅日記


長い旅人生を経て、美味しいもの 楽しい事を探す日々。南国で旅人達のカフェを作るのが夢♪
by sweets-aila
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
名栗川で遭遇!
at 2011-07-18 13:08
植物のちから
at 2011-07-10 17:11
南の風 晴れ
at 2011-06-05 02:35
静かな朝
at 2011-05-28 07:47
ハッピーバレンタインスペシャ..
at 2011-02-16 09:45
お気に入りブログ
おすすめスポット
ゲストハウス『ゆくる』
石垣島の妹ちゃん夫妻のお宿
http://yukuru.info/

カフェ 『ふきあげ』
ailaのお菓子を置かせてもらってます。
http://www.geocities.jp/fukiage1118/
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

真冬のみそ仕込み

人気ブログランキングへ

一部のニュースでは寒いのは昨日までとか言ってた。
なのに今朝のこの寒さ! PCやってる指もカチカチと震えてる気がする。
というか 家が寒いのか?? 念のためにですが、一応ストーブはあります。
でも庭の梅にはぽっくりかわいいつぼみができてました♪

春になる前にみそを作ろうと思って、昨日やっと作りました!
1月から2月の間に作ると雑菌が繁殖しにくいんだって。
c0203498_8203297.jpg

彼女は今年初挑戦。大豆をつまみ食いしながらつぶすベビ。
こうやってつぶすとね、出来上がりに大豆の粒が残って私は好き。好みだけど滑らかなペーストにしたい場合は迷わずフードプロセッサだね。

米みそより麦みその方が子供にはいいんだって。それを聞いてから家は麦みそを食べるようになったんだけど、なんでだろうね。誰から聞いたかも忘れてしまった。。。
味は米みそとくらべると麦みそは甘さがより優しい気がする。
でも麦みそのほうが雑菌が繁殖しやすいから出来上がったら必ず冷蔵庫で保存しなきゃダメなのね。

c0203498_8284264.jpg

塩と麦麹を混ぜてからつぶした大豆を混ぜて、瓶などに密閉して3ヶ月ほど待つ。その後は天地返しして、3ヶ月ほど待ってからまた天地返し。
出来上がるのは真夏かな〜。 美味しく出来るといいな。
やっぱり手づくりしたみそは安心で経済的で、なにより美味しいんだよね。びっくりするくらい簡単に出来るよ!

味噌とかぬか漬けとか、発酵食品は病気になりにくい体をつくるみたいだね。
昔からある日本の食材ってすごいよね。そういう素晴らしいものを絶やさないように、私も出来る限り自分の手で作っていきたいと思う。
代々あるものを次世代に残すことは、正に私たちの手にかかってるのだ! それに素材や調味料が美味しければ料理はシンプルでいいから結果的に楽!って考え。ここだけの話。
c0203498_9261959.jpg

ベビもぬか漬け大好き♪おやつにポリポリぬか漬けをつまむ。
後は君が子供を産んだらちゃんと作ってあげるのだよ!
[PR]

# by sweets-aila | 2011-02-01 09:31 | 料理など

お菓子教室 バレンタインに向けて その1

人気ブログランキングへ

今日は初めてのお菓子教室をしましたよ!
まず 本日一緒にお菓子づくりをしてくださった皆様へ 
ありがとうございまっす!! 
子供は8人?かな。
ちゃんとお話を聞いて、けなげにつくる仕草と一生懸命な眼差しに
とっても感動してしまいました!

どうだったかな 楽しかったかな。コロコロじょうずぅ〜 かわいい〜♡
c0203498_22145712.jpg

ラッピングも上手に出来て もらった人は嬉しいだろうな〜

c0203498_21453559.jpg

オンナノコだね〜♡キラキラ

c0203498_22121185.jpg

うちの子、おねーちゃんも迷わず参加。今回は私のアシスタントを担当してくれました。

そして次は2月14日当日です!
出来立てをプレゼントできるなんて素敵。
子供と作るナッツのチョコボールです。
今度は出張フォトグラファーainokoさんhttp://www.ainoko.jp/がチョコレートを作る子供達を撮影して可愛いフォトカードを作ってくれます。チョコレートにフォトメッセージカードを添えてプレゼントされたら、パパやおじーちゃん大感激でしょー♪記念にも残るし。
子供が大きくなった時にこのカードみて再び涙するんだろうな。。。ボソッ
3人の人にあげられるよ。
ご連絡、お申し込みはコチラ↓まで

場 所:ゆめくる(伊奈町ふれあい活動センター)  伊奈町小室2450-1
日 時:2011年2月14日 amの部10:00〜11:45 pmの部12:00〜13:45
費 用:材料費として¥2,300(写真のカゴ3つ分・フォトカード3枚)
対象年齢:1歳位〜 こねこね出来たらばっちり★ 親子でお申込下さい
持ち物:エプロン(親子)・三角巾(子供)・台拭き
申し込み:出張こども撮影ainoko 担当 藤澤080-3245-5757まで
[PR]

# by sweets-aila | 2011-01-23 22:39 | スウィーツ

バレンタイン企画

人気ブログランキングへ

最近 家中のイラナイ物をヤフオクで売りまくっている私です。
年末にかけて大掃除をしようと思ってるうちに、なぜかそっち方向に行ってしまったわけで。。。
あれやこれやと言う間に年は新しく「卯」の幕を明けてしまいました。 ぴょん♪
みなさま、相変わらず遅ればせながら明けましておめでとうございます!
一日一日が実りある素敵な一年となりますよう 大切に過ごしていきたいと思ってます。
今年もこの岡田家一同、よろしくお願いいたします。仲良くしてください♡

なんせお正月は実家に帰って大家族にてんわやんわ。そして先週末の義兄夫婦の新居に訪問して、オシャレなシティライフを見せていただいたのを最後にやっとお正月が終わった!ってかんじなのですよ。
親戚がどんどん家族をつくっていって、いままで別に顔出さなかった人達がどんどん中に入り組んでいくっていう、なんか不思議な関係へと発展してくものなのね、家庭を持つって。
実際うちの実家は家族が年々増える一方で。それだけもめ事とか色々あると思うけど
とにかく みんなが仲良く元気で居てくれればそれでいい。
c0203498_23572727.jpg

うちのベビと姪っ子ちゃん。双子みたいでしょ♡



やっと普通ライフに戻ったわけなんだけど 家族順々に風邪を引き、中耳炎、口唇ヘルペスetc...
いったいいつまでこのパレード続くんだい?? 
相変わらず元気なのは私だけで。。
いい加減自分のことやりたいんだけど!

c0203498_23582825.jpg

バレンタインに向けて着々とsweets aila,
フォトグラファーの方々と面白いこと企み中です。
楽しみでっす♡
[PR]

# by sweets-aila | 2011-01-20 00:00 | スウィーツ

シャンティカレーで小トリップ

人気ブログランキングへ

Natural Smile http://naturalsmile.org/に行って来たよ。
過去二回は熱海で行われていたこのパーティは場所を移して南房総の白浜になりました。
もちろんこんな時期の野外は寒いんじゃないの?って思うかもしれないけど、メインの会場は温室の中だし、テラスのようなステージは暖かいストーブが設置されてあるし。実はここが一番暖かかったりする。そしてここからの景色はオーシャンビュー!!
c0203498_11552026.jpg

あとなんと足湯があって、梅酒片手に持って足湯にのんびり浸からせてもらっていい気分でした。
c0203498_120714.jpg

イヤッホ〜♪
海に沈み行く夕陽を見たらアガるよね!

今年も最後?の野外パーティになると思うから みんなハイテンションだったね。
うちのベビ、おねーちゃんの方は温室内のあちこちで描かれているライブペインティングをやりたくてウズウズ。
いつもそうなんだけど、気付いたら仲間に入ってやってるんだよね。シャイなもんだから自分から言えなくて描いてる人の傍にすこしづつ近寄り、向こうから「やる?」の言葉を待つパターン。
今回もそのパターンでライブペインティングやってました!
みなさんいつもありがとう。この場を借りてお礼させてください。。ボソッ


そしてベビ、妹のほうはというと。。 完全に彼女は内弁慶だと発覚しました。
最初から最後まで私にペッタリ張り付いて離れようとしなかったなー。メインのフロアにいた大きなワンちゃんを見た時だけ? 自ら地に足を下ろそうとした時は。
いや、いいんだよ。本望だよ。子供に抱っこを求められるのは。だけどちょっと腰がね。。。
c0203498_14532589.jpg

外のステージは彼の南国のシーサイドラウンジパーティみたいでした。
なんなんだろうね、いつもよりぐっとオシャレに聴こえる。 あーシャンパンかなんか欲しい
そんな中で膝の上のベビはノリノリで首を振り、おねーちゃんはかくれんぼしてたなー。

スタッフのみなさま、お疲れ様です。私もちょっと駐車場のエントランスを。。。
ただ居ただけですけど

そうそう、真夜中の夜食に美味しく頂いたシャンティカレー
ココナッツベースのスープ状のカレーに茹でたまご、そぼろ、ほうれん草、トマトのトッピングを乗せて。。。 
食べてる時は無の世界、本当にもう話しかけられても対応できません。
いつも画像を残す前に食べてしまって写真すら撮れないでいるんだけど。。
あぁ 何度食べてもおかしくなりそう、この期間中全食食べるつもりだったのに結局1食しか食べられなかったことに、ただ無念。。

楽しい時はあっという間に過ぎ去りし。。。
[PR]

# by sweets-aila | 2010-12-20 15:09 | パーティレポ

ラジャスターン 遥か彼方の地を目指す

人気ブログランキングへ

ヒッヒッッヒ♪ ちょっとインドのお話なんてしちゃいます。
というのも、本家のお義父さま お義母さま達が遊びに来たときに、我が家に飾ってあるラクダと砂漠の写真を見て、「aiちゃん砂漠に行ったの?」 「もう10年以上も前のことですけどね〜、らくだに乗って1ヶ月位旅しました♪」 「えっっ!!!???

というのも、お義兄さんカップルが今年めでたくゴールインして新婚旅行にエジプトに行ったんだって。そこでラクダに乗って観光、みたいなツアーがよくあるんだけど、彼女がラクダに初めて乗ったわけ。
そしたらあまりの恐さに泣いちゃったんだって。かわいい 
ラクダに乗ったことある人なら分かると思うけど、彼らは脚が、というか膝下が超長いから、彼らが座った姿勢からヒトが乗って、そこからよいしょって立ち上がるのね。初めてだとけっこうビビるのは確かなの。
ちゃんと自分の姿勢を確保できてないと振り落とされちゃうかもしれないわけ。
だから降りる時も同様に座ってからなんだけど、座るときもガクンってなるし。
オンナノコだったら泣いちゃうのも無理ないよね。まぁわたしは泣かなかったけど
あんまりじゃじゃ馬と思われるのも困るんで話はそれくらいにしたけど

それよかつらいのは腰痛になっちゃうってとこなんだ。 ラクダってくねくね動くのよ。
ベリーダンスの動きにキャメルウォークってのがあるぐらいだから動きは色っぽいんだけど、乗ってるとその揺れが非常に腰に負担がかかるの。

幸いキャメルサファリやった時には、インドにはすでに半年以上滞在してて、
リシケシュっていうヨガの聖地と呼ばれる所で修行してたので、体も心もフニャフニャだったからそれすら楽しめたんだ。

っていうのもさ、砂漠ってホントなんもないし、最もポピュラーなツアーで10日間なんだけど、帰って来た人達は長過ぎってよく言ってるんだよね。
そのツアーはジャイサルメール市街からタール砂漠を出て、またジャイサルメールに帰ってくるっていうルートなんだけど、それが面白くなくて、どうせ行くなら違う地を目指したいなって思ったわけ。

インド人のガイドが一人同行するんだけど、彼に相談したら1ヶ月以上はかかるけどウダイプルまでならOK!ってことになり、そこを目指す事に。
ウダイプルってとこはジャイサルメールから南下した所にある、マハラジャのレイクパレスがある大都市なの。
さすがのガイドもツーリスト連れてそんなとこまで行くのは初めてだったらしいけど、その分儲かるし問題ないってこと。

ガイドのインド人、彼曰く「砂漠で生まれ砂漠で死ぬ男」 料理も上手。
ラクダのうんちが乾燥したやつが着火材になるんだ。砂漠は木が貴重だから、こういうのは正に砂漠で生きてく知恵だよね。
c0203498_1403194.jpg


その時インドは冬だったんだけど、日中は熱烈に熱いのね。肌なんて出してたら太陽が刺してくる。
乾いた砂埃に体中が包まれて、髪の毛は自然とドレッドになり肌の色は土色、表情はまるでネイティブアメリカンのようだねって言われた。それもそのはず、この期間一度もからだを洗ってないのだからね

日中はただ何もない荒野をひたすら歩く。ラクダと共に。
c0203498_14164134.jpg

そう、荒野は続くよどこまでも。
目指すものは何だろうか。ただ ただ 歩くしかない。前に進むしかない。
水を求め休息をし、寒さをしのげる場所を探してまた休息、そしてまた歩き始める。
この上ないシンプルな生活だった。

人はありあまる物質に囲まれて生活してるとね、そこから離された瞬間に路頭に迷いはじめるわけ。頭の中に混乱というおできが蔓延してきて、これでもかというほど出て出て、出し切ったあとは何が本当に必要なのか見えてくるのよね。

夜は満天の星に泣いた。地平線ギリギリまで星がキラめいていた。流れ星はいつか山で見た流星群よりも流れていた。
流れる星を数えながら、毎日眠りについた。そんな生活はかなり楽しかった。
日中ラクダと歩いているのもだんだんと馴れてきて、いつの間にかいいパートナーになっていった。
馬にも乗ったことのない私がラクダにはかなり信頼されていたと思う。
時々オンナノコのラクダちゃんが遊んでたりするのを見かけると、私が乗ってるのも忘れてイキナリ興奮して走り出すのは恐かったけど。。。どの種類のオスも同じだな

1ヶ月以上 共に歩いたラクダの「カルー」。オシャレちゃん。
c0203498_1453231.jpg


ある時 わたしはふと砂漠での生活を思い出す。
道に迷った時 何よりも早く答えをみつけ支えになってくれている。
ゆったり歩いた砂漠の道中、乾いた砂混じりの風に吹かれながら感じた全て
10年以上絶った今でも 色あせることなく。 







 
[PR]

# by sweets-aila | 2010-12-09 16:00 | 旅のこと